About me

尾崎正和 / Masakaz Ozaki

慶應義塾大学環境情報学部3年
鳴川肇研究会・増井俊之研究会

高校三年生夏、大学の一般受験は自分のフィールドでないと悟る。そして実技入試、情報入試などの自分にしかない技術を最大限活かせる受験方式で大学を受験することを決意。中学二年からプログラミングをしていたこともあり、情報入試で慶應義塾大学環境情報学部に入学。大学ではデザイン、建築、プログラミングの3つを柱に多角的に学び、大学2年から鳴川研究会でデザインや建築を学び、増井研究会ではコンピュータと人間を繋ぐ新しいインタフェースの研究をしながら、Life is Tech !でメンターとして中高生にプログラミングとITの楽しさを伝えている。

Concept

PAST IS
FOR FUTURE

ポートフォリオは過去の寄せ集め。
その過去の集合体をどうするか。
僕は過去を未来につなげたい。
このポートフォリオは未来の自分のための基盤になるはずだ。
そんな思いを「Past is For Future」の一言に。

Passion

まだこの世にないものを
生み出し続ける

まだこの世にないものを生み続けることは決して簡単ではない。
しかし生み続ければいつか世界は変えられる。

What I do

iOS App Development

UI UX Design

Product Design

Architecture Design

Web Design

WORKS

Features

  • Jul. 2019

    V3 Tensegrity Table

    このテーブルの脚は3本のV字材からできている。
    V字材同士は全く触れ合うことない。
    ひと目見てふと不思議な感覚になる、
    まるで浮いているような、
    テンセグリティ構造の美しさを、
    気づく瞬間になる。

  • Oct. 2018

    Edible Organic Vase

    この美しい花瓶は全て食べられる素材でできている。
    この花瓶が水を貯められるのはたった一時間。
    花瓶が水によって柔らかくなり、
    水を貯めていられるそのギリギリのとき、
    壊れるその寸前、
    最後の一瞬、
    この花瓶は一番美しくなる。

  • May. 2018

    Trwiper (TripleBrowser)

    Trwiperは3つのタブ同時に起動しスワイプでタブ切り替えができる画期的なインターネットブラウザである。このアプリは私が初めてAppStoreに公開したアプリで現在も新バージョンの開発を続けている。

  • Feb. 2019

    Blast Work

    株式会社HEBEが運営するblast workの企画、UI・UX設計、iOSアプリの実装の全てをYujiと二人で2019年3月まで担う。

  • Nov. 2018

    Soy Sauce Display

    このユニークなディスプレイはDynamic shape display と醤油を注ぐと絵が浮き出る醤油 皿を見事に融合したディスプレイである。
    醤油は水深によって色が透明、金、オレン ジ、茶色、黒と様々に変化していく。

  • Jun. 2018

    Golden Ratio AR

    この黄金比ARは建築家、デザイナー、その他の黄金比を日頃からよく使う方のために開発しました。今までは黄金比の図形を現実世界に表現するにはとても正確な計算が必要でしたが、このアプリを使えば誰でも簡単に黄金比の図形を作図できます。

Virtual Objects

  • Apr. 2020

    Credy

    仲の良い友達との割り勘や、旅先での支払い管理を支援するため、立替額の記録・共有アプリとして開発した。実装にあたっては最新の技術にチャレンジすることを目標に、WWDC19で発表された最新の仕組みなどを積極的に使用した実験的なアプリとなっている。
    App Store 公開準備中

  • Apr. 2020

    Dona Timer

    2020年の巣篭もり需要の拡大により自宅で料理する人が急増したことから、料理をより便利にしたいという発想から開発。このアプリは料理で必要になる複数のタイマーを連続で行うことを実現する。実装にあたってはSwiftUIやCombineなどの最新技術を使用した実験的なアプリとなっている。
    App Store 公開準備中

  • Feb. 2019

    Blast Work

    株式会社HEBEが運営するblast workの企画、UI・UX設計、iOSアプリの実装の全てをYujiと二人で2019年3月まで担う。

  • Jun. 2018

    Golden Ratio AR

    この黄金比ARは建築家、デザイナー、その他の黄金比を日頃からよく使う方のために開発しました。今までは黄金比の図形を現実世界に表現するにはとても正確な計算が必要でしたが、このアプリを使えば誰でも簡単に黄金比の図形を作図できます。

  • May. 2018

    Trwiper (TripleBrowser)

    Trwiperは3つのタブ同時に起動しスワイプでタブ切り替えができる画期的なインターネットブラウザである。このアプリは私が初めてAppStoreに公開したアプリで現在も新バージョンの開発を続けている。

Physical Objects

  • Mar. 2020

    LuuX

    人間と家電の「アイコンタクト」を実現し、ストレスのない操作を可能にする手法を提案した。
    情報処理学会 インタラクション2020 採択
    論文リンク
    特許出願中
    Yuji Sasaki, Yushi Nakaya, Masakaz Ozaki, Toshiyuki Masui

  • Dec. 2019

    Playgon Kit

    カードで幾何学立体を作るジョイントを制作した。
    このジョイントとトランプのカードを用いて様々な立体を作ることができる。
    トランプのしなやかさがなす、
    立体の不完全さが、
    幾何学を忘れさせる。
    幾何学の教科書に掲載予定

  • Jul. 2019

    V3 Tensegrity Table

    このテーブルの脚は3本のV字材からできている。
    V字材同士は全く触れ合うことない。
    ひと目見てふと不思議な感覚になる、
    まるで浮いているような、
    テンセグリティ構造の美しさを、
    気づく瞬間になる。

  • Nov. 2018

    Soy Sauce Display

    このユニークなディスプレイはDynamic shape display と醤油を注ぐと絵が浮き出る醤油 皿を見事に融合したディスプレイである。
    醤油は水深によって色が透明、金、オレン ジ、茶色、黒と様々に変化していく。

  • Oct. 2018

    Edible Organic Vase

    この美しい花瓶は全て食べられる素材でできている。
    この花瓶が水を貯められるのはたった一時間。
    花瓶が水によって柔らかくなり、
    水を貯めていられるそのギリギリのとき、
    壊れるその寸前、
    最後の一瞬、
    この花瓶は一番美しくなる。

  • Jul. 2018

    No Door House

    20世紀の最も偉大な建築家であるミース・ファン・デル・ローエの 作品のテーマをいかにこの湘南台の地で表現するかに最も重きを置 いた。特にファンズワース邸で用いられていたより快適に暮らす手 法を最大限活かし、この土地に落とし込んだ。そして、バルセロ ナ・パビリオンの壁と柱の構造をも意識した。

  • Oct. 2017

    Triangle Objects

    この三角形をモチーフにした立体構成は3時間という短い時間、ケント紙、切り金、スチレンボードのみを材料として構成された立体である。一つ一つのパーツには三角形という構造が何かしらの形で表現されている。

  • Oct. 2017

    Assumed Drawing

    このデッサンは2時間という限られた時間の中で、実際のモチーフを見ることなく、物体の三面図と材質だけが指定され描いたものである。手前から、木質、金属質、石膏質を表現している。

Social Networks

Twitter →

Facebook →

Instagram →

GitHub →

Qiita →

Wantedly →